« 2012 1月~3月に観た映画 | トップページ | Windows8アップグレード(?)とOffice2013プレビュー »

2012/07/25

続)Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する

このブログの一番人気の記事が「Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する」なので、その続編を。(笑)

実は、英語版のWin7を日本語化して使っているPCでは、Lhaplusを使っていない。設定画面が文字化けしていて、設定が思うようにできないのだ。他のPCの設定画面を見ながら、手さぐりで設定したものの、何故かファイルを複数選択して1つの圧縮フォルダにまとめる、といったことがうまくいかないので、使うのをあきらめてしまった。

Lhaplusについては、気になることがもうひとつ。2010年10月で更新が止まっていること。ときどき更新がないかチェックしているが、Lhaplusの更新ばかりか、作者のサイト自体動きがないようだ。


ところが、日経パソコン最新号(2012 7.23号)の特集記事「必携オンラインソフト」の中に、Windowsの不便な操作を解消するソフトのひとつとして「暗号化zip作成専用」が紹介されているのを見つけた。まさに私が必要としている機能だけ(つまりパスワード付きzipファイルの作成だけ)のソフトだ。

早速試してみると、なかなか具合がいい。インストールだけで、[送る]メニューからの操作が可能になる。
目的のファイルやフォルダを選択して(複数選択可)右クリック、[送る]メニューの[暗号化zip作成専用]を選択すると、パスワード設定ダイアログが表示される。入力文字を表示させることもできる。


[送る]メニューに登録されるのは、このソフトをインストールしたときのユーザーだけなので、1台のPCを複数のユーザーが使う場合は、別途操作が必要となる。

「C:」→「Users」→「xxxx」→「AppData」→「Roaming」→「Microsoft」→「Windows」→「SendTo」と延々とたどって、このソフトのショートカットを、他のユーザーの「SendTo」フォルダにコピーしてもいいが、ちょっと面倒。それよりも、各ユーザーでログインした後、個々にインストールしたほうが簡単だと思う。


パスワード付き圧縮フォルダ作成ソフト「暗号化zip作成専用」
 http://kashu-sd.co.jp/angozip/index.html

|

« 2012 1月~3月に観た映画 | トップページ | Windows8アップグレード(?)とOffice2013プレビュー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2467611/69422122

この記事へのトラックバック一覧です: 続)Windows7でパスワード付きの圧縮フォルダを作成する:

« 2012 1月~3月に観た映画 | トップページ | Windows8アップグレード(?)とOffice2013プレビュー »