カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の48件の記事

2014/04/03

桜ツイート

最近フォローし始めた、「東京ズーネット」のツイートが楽しい。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/02

キバナコスモスの「野性美」

車内の吊り広告。一面のキバナコスモスの回りを高層ビルが囲む。それに添えられたコピーに「野性美」という言葉があった。
しかし、どう見ても、「野性」というより人工的な景色。

不思議な気がして調べてみたら、キバナコスモスの花言葉が「野性美」だった。原産地はメキシコあたりで、そこではぴったりの花言葉なんだろう。丈夫で、痩せた土壌でも育つらしいから、その「野性」を発揮して、日本でも勢力を広げる可能性大だと思う。

キバナコスモスの花は特に好きでも嫌いでもないが、一面に咲き広がっている景色は、ちょっと暑苦しい気がする。それよりも、普通のコスモスの、白やピンクの濃淡の花が混じって咲いているほうがいい。

そもそも、単一の植物を広範囲に植えることには抵抗を感じる。
作物の場合は仕方がないと思うが、ただ人寄せ目的だけで、多様な生き物を排除した「一面の○○」を作るのはやめてほしい。いっとき「すごい!」と思っても、そのときだけ。同じ景色はすぐ飽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/28

必要な情報と欲しい情報は違うのかもしれない

「パソコンの画面がヘンになった」「画面が黒いまま」といったことを聞くことがある。PCに何かエラーが起きているというわけだ。

「何かメッセージが出てると思うけど、何て出ていた?」と返すと、「メッセージは何も出ていない」ということはごく少ない。大概は、PCは何かメッセージ(情報)を出しているのに、それが受け取り拒否されてしまっているという状態。

メッセージが英文だったり、日本語でも日本語になっていなかったり・・・確かに受け取り拒否されやすいとは思うが、その気になればだいたいの意味は取れる場合がほとんど。次にどうすればいいかまで書かれていることもある。必要な情報は出されているのに、それが受け取ってもらえない。だって、PCのエラーなんて望んでいないし、エラーメッセージも見たくない。


連日の政府機関や東電からの発表に対して、「絶対に何か隠してる」「責任逃れの情報操作がされている」といったことを聞くと、正直不安になる。ではどんな情報があればいいのか、と思ったとき、すべてを明らかにしてほしいわけではない自分に気がついた。「もうダメです。日本は沈没します」といったことは、絶対に聞きたくない。

私が聞きたいのは、「原発の危機は完全に去りました。もう大丈夫」ということ。しかし、その状態になるには、まだだいぶかかりそうだ。とすると、今出されている情報を、辛抱して受け止めていくしかないと思う。欲しい情報ではないが、たぶん「今、どうすればいいか」を示す必要な情報ではあるだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/13

善意からのチェーンメール

3/11に起きた東北地方太平洋沖地震に関して、何人かの知人から「公式には発表されない重大な情報」のメールが送られてきた。いずれも信憑性に欠けたデマと感じて、そのまま放置した。

送ってきた知人は、いずれも善意で情報提供してくれたのだが、「その情報は怪しい」と返すべきだったかもしれない。しかし、私にも「その情報は、こういう理由で間違っている」と伝えるほどの知識はなく、「何となく怪しい」と感じるだけなのだ。

なぜその情報をデマ情報と感じるのか。明確な根拠はないが、国民の生命の危険に関わる重大な情報であれば、行政機関から発表されないわけはないと信じているからだ。もし隠すとしたら、パニックが発生するのを避けるといった、それなりの理由があると思っている。

内田樹氏が、今回の地震について、ブログに「『安全なところにいるもの』の基本的なふるまいかた」について書いている。
 →未曾有の災害のときに(内田樹の研究室)
心したい内容だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/03

元旦営業は、売上増になるんだろうか

大晦日、近所のスーパーに行った。このスーパーは、例年正月三が日は休業するので、それに備えての買い物のつもりだった。

ところが、店内放送の「新年は元旦から営業します」というのを聞いて、何だかいっぺんに買う気が失せた。とりあえず、最低限必要なものだけ買って帰宅。どうせ明日も開いているのだから、不足があれば、また買いに来ればいい。

結局三が日は、そのスーパーに行かなかった。行かなくても間に合った。それだけ、いつもは余分に買い込んでいたのだろう。

これをスーパー側から見ると、三が日休んでいたときより、売上が落ちたことになる。少なくとも我が家からの売上は。(微々たる売上だろうけど) 「いつでも買える=余分に買わない」というわけで、余分に買っていた分の売上が減ったはずだ。

ネット検索してみたら、どうやら元日営業を見直すところが出てきているようだ。元日営業のコストに対して、売上が見合わないとか。

年中開いている店としてはコンビニがあるのだから、それとは別の、「余分に(とは思わせずに)買わせる」やり方でないと、スーパーは売上を伸ばせないのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

「伺う」と「参る」

来客を告げる内線電話が鳴る。
「はい、ただいま伺います」と出ていくのを聞くと、どうもひっかかる。「参ります」じゃないかと。

「伺う」と「参る」、どちらも「行く」という意味の敬語だが、使い分けがあるように思う。
「『伺う』は相手先に行く場合で、自分の会社で受付に出ていく場合は『参る』だと思うけど」と、曖昧な話を同僚にしたが、本当にそうなのか気になって調べてみた。

調べたといっても、ネット検索しただけ。(^^;
言葉は基本的に流通品と考えている。いくら「言語学的に正しい」と主張しても、使われなければ意味がない。というよりも、相手あっての「言葉」だと思う。だから、私としては「自分が使おうとする言葉が、どんなふうに使われているか」が知りたい。そのうえで、「では自分はどう使うか」を考えたい。


ネット検索の結果では、「伺う」と「参る」を明確に使い分けていない感じの例が多かった。しかし、あれこれ検索していたら、文化審議会答申「敬語の指針」というのにたどり着いた。

その答申では、謙譲語を2つに分け、
 【謙譲語I 】 自分側から相手側または第三者に向かう行為や物事について、その向かう先を立てる。(例:伺う、申し上げる)
 【謙譲語II 】 自分側の行為・物事などを、相手に対して丁寧に述べる。(例:参る、申す)

と説明している。それに私が漠然と感じていたことが重なるように思えた。

というわけで、納得のいく(都合のいい、ともいう)使い分けの例が見つかったので、当分私はこれでいこうと思う。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/17

食わず嫌い・食べず嫌い

車内広告の「食べず嫌い」という言葉にひっかかった。「食わず嫌い」だろうと。

帰ってから、「食べず嫌い」でネット検索。「子どもの好き嫌いを克服する」といった趣旨のページがいくつかヒット。
う~む、「食う」より「食べる」のほうが丁寧な言い方、といった「教育的配慮」で、「食べず嫌い」としているのか?
その流れで、「食べず嫌い」が定着しそう・・・

と思ったら、もう既に辞書には両方載っているようだ。(^^;
Wikipediaでも、「食べず嫌い」は、「食わず嫌い」の項に自動転送された。

「蓼食う虫も好き好き」→「蓼食べる虫も好き好き」、とはならないと思うけど。

ついでに、「食べる」は本来「賜る」の謙譲語で、「いただく」の意味、飲食の場合に限って使用・・・う~む、なるほど。国語のお勉強までしてしまった。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/28

テレビ番組もネットで借りて・・・

いつからか、テレビ番組の録画をしなくなった。録画しても結局見ないから。

テレビを見る時間は数年前と比べるとずいぶん少なくなったが、それでも見たいテレビ番組が全く無いわけではない。逆に、見たいと思う番組は増えているのかもしれない。単純に、テレビの前にいる時間が少なくなっているだけのような気もする。

最近、「レンタルCD/DVDの無料お試し」というのを利用してみた。もう一度観たいと思っていた映画、観たいと思っていたのに機会を逸した映画、面白そうだがわざわざ映画館に行くほどもないと思っていたもの・・・結局2週間の間に、2枚ずつ3回、つまり6枚のDVDを借り、無料期間終了。(^^ゞ

レンタルできるのは、映画だけではない。テレビ番組もDVD化されていれば、レンタル可能。無料期間だけ、と思っていたが、観たかったテレビ番組がレンタル対象になっているのを見つけ、ちょっと気持ちが動いている。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/30

新聞を取らなくなってから

新聞の購読を止めてから、1年になる。最初の数日は、何か物足りないような気がしたが、すぐに新聞の届かない朝に慣れてしまった。

大学進学を機に親元を離れ、ひとり暮らしを始めたときから、ずっと同じ新聞を購読してきた。就職、引越し、結婚、転職・・・生活のステージに変化があっても、届いたばかりの新聞を開くことから一日が始まる習慣は、長い間変わらなかった。だから、休刊日は嫌いだった。

いつ頃からだろうか。朝、新聞を開かないまま出かけることが多くなったのは。朝起きて、まずPCのスイッチを入れるようになった。メールのチェック、いくつかのニュースサイトの巡回、それに数年前からブログ更新が加わった。・・・新聞を読む時間はなかなか取れない。夜も同じように過ぎてしまう。

家人も同様のようで、読まれないまま週末を迎える新聞が積み上がるようになった。それで、しばらく迷った後、取るのを止めることにした。

止めた翌朝、新聞が届いた。「新聞が無いとご不自由ではないかと思い、今朝だけお届けします」という添え書きとともに。その言葉にちょっと心動かされたが、結局再購読しないまま、いつしか新聞が来ない朝が当たり前になり、1年が過ぎてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

夏の終わりにAmazonで買ったのは

決算期を控えた夏の終わりは、勤務先のお買い物シーズン。(^^;
買い換えるほどではないが、メモリ512MBではつらいPCが多くなったので、メモリを増設することにした。

メモリの価格相場を見るために、ネット検索。ん?最安値の店にAmazonが上がっている。必要な型番のメモリどれもが、最安値はAmazon。しかも送料無料。というわけで、値段を調べてPCショップに行くつもりでいたが、急遽ネット発注することに。ついでに、マウスも。

15台分のメモリとマウス5個の購入で、まだ予算に余裕があったので、USB接続のプリントサーバーも追加注文。
発注して1~2日で全て届いた。便利だ!

Amazonで書籍類はよく買っているが、PC関係は初めて。本と違ってポイントがつかないのが残念だけど、PCショップのポイント分を割り引いても、十分安い。

調子づいて、自宅用のプリンタもAmazonで買ってしまった。スキャナとFAX付きの複合機、12,432円。それと、FAXに接続する電話機、5,980円、合計18,412円。これで、スキャナとFAXのスペースが空いた・・・はず。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)